KOOLS from Dear,

今日は先月末から発売されているDear,の新作についてです。

 

KoolsAd
Dear,は90年代のブランドにスポットを当て、
ビデオ・雑誌でプロスケーターが着用していたグラフィックやトレンドを
アイテム化していますが、
今回リリースされたKOOLS(Kools Incorporated)は
90年代半ばにゴンズのちょっとした落書きや文字等をアイテムに落とし込んだ
ゴンズ初のスケートアパレル・ブランドだと思います。

KOOLSはゴンズが同時期にやっていたデッキブランドの60/40と並び
短い期間で終わってしまうブランドですが
ロン・チャットマンのヘルプのもと実現しました。
ショーツ、ボーダーTシャツ、キャップからトランクスまでと
スケートアパレル・ブランドとしては確実に前衛的だったので
当時のスケーターの脳裏に刻み込まれた幻のカッコ良いブランドの1つです。
(その後Realを経て2002年のKROOKED誕生にも繋がります)

今やKROOKEDやadidas、さらにSupremeなどでもゴンズのアートワークは
アイテム化されていますが、ゴンズ・ネタでありながらも
ちょっとスケートとゴンズのヒストリーを知っていないと反応出来ないブランドを
“今”アイテム化するところにDear,のカッコ良さが表れているかなと思います。
毎回目を付ける所が非常に良いです。

 

KoolsShaq
Koolsの広告にはスケーターではないSHAQ(元NBAプレーヤーのShaquille O’Neal)や

 

KoolsActor
俳優のRick Dubovなどを起用し他とは一線を画していました。

 

KoolsJessee
チームライダーにはJason Jessee

 

KoolsPauloDiza
Paulo Diaz

 

KoolsRudyJohnson
Rudy Johnson

 

KoolsKoston
Eric Koston

 

Koolslogo
他にもWeston Correa, James Qua, Gino Perez, Mark Gonzales, George Morales,
Josh Beagle, Mike Vallely等が所属していました。

 

KOOLSを新品で、それもオフィシャル物を着られるなんてこの先まずないです。
Dear,だからこそ実現出来たプロジェクトです!
アメリカでも売られていないので僕がインスタでアップした際には
サンフランシスコのDLXのスタッフや
アメリカのスケーターも”欲しい!!”と反応してました。
本当の激レア物になる事間違いナシ。
(アメリカのスケーター友達へのお土産にも良いかもね!?)

 

DEAR×HESHDAWGZ×BEAMSsurf&8 KOOLS復刻 自分がDEARというブランドを知ったのは、あの名作スケートフィルムVIDEO DAYSで、マークゴンザレスが着ている、イスラエルTを作ってるアメリカのブランドがある事知って、あのTシャツ、あまりにも有名だから、以前にも、国内ブランドでリリースされてたりするんだけど、アメリカのブランドが、出してる事がなんか、スゲーいいなぁと、そしたら、そのブランド、それだけじゃなくて、今は亡き90年代のスケートブランドのTシャツ作るは、マットヘンズリーの代名詞的なアイテムのゲットウェアのミリタリーの6ポケットのショーツ作るは、あのウォレットチェーン作るは、凄い極小のツボをピンポイントで攻めてる。そんな、凄いマニアックな知識と凄い片寄った趣味嗜好をカタチにしてるのが、クリスさんが、やってるDEARというブランドになる。ブランド設立は、アレックスオルソン、ブライアンアンダーソンとクリスさんの3人が、90年代のスケートフィルムを見て、当時、着ていたスケーターの、このTシャツ、今、着たらいいんじゃない的な、ところから、じゃ、スケーターやブランドに確認して、復刻しちゃう的なところからのスタートになったんだと、この凄いフットワークの良さというか、軽い感じとマニアックなネタのギャップが堪らない。そんなDEARと原宿の出会い系ハードエロ、イヤ間違えた、、原宿の老舗ハードコアスケートショップ、HESHDAWGZとBEAMSsurf&SK8とのトリプルコラボにして、90年代、◯◯◯が、ロンチャットマンとやってたブランドKOOLSの復刻‼︎‼︎ 実は、これ、かなりヤバイ事だ。何がヤバイか、それは。スケート好きでも、あんまり、ピンと来る人がいないのでは、と言えるぐらい短い期間の展開ブランドだったから、だから、KOOLS自体、復刻しても、存在すら知られてないから、訳わからない。しかしなが、まて、まて、何も、当時、売れてる、有名だったブランドが全てではないぞ、今、考えると、昔のブランドだが、こんだけヤバイぞが、今、伝わる、伝えるのが、BEAMSsurf&SK8とHESHDAWGZぽくないか、で、簡単に伝えると、当時のKOOLSのサポートライダーの名前聞いたら、無視出来ないだろう、ジェィソンジェシーにパウロディアス、エリックコストン、加えて、当時のKOOLS広告には、なんと、KOOLSのTシャツ着た、シャキールオニールなんて、、これ聞いたら90年代好きは、無視出来ないだろうと、(こんな事、思うの俺だけか、、) いや、マチガイない!自分とCBは、イケると感じた。(正直、過去にも、そう感じたブランドは数知れず、ただ、当たった、当てたためしが、残念ながらない、、、) て事は、こう書くと、このブランドも売れなそうに、感じている人ばかりではないか、、、 そう、普段なら、そうなるが、このKOOLSは違う!メインロゴが、スゲーシンプルで、ストレートにカッコいい!伝わるグラフィックなのだ。で、チト悔しいのが、最後の最後のまで、サンプルが、出来なくて、ドロップ説が、出ていた為、一か八かの少量発注だった、CAPがスゲー良い出来なのが、残念、いや、これであれば、もっとオーダーしたよなぁ、あるあるだ。とはいえ、まさかの、幻復刻と言っていい程、今回の取り組み。かなりのおすすめ、コラボアイテムになります! #dear #heshdawgz #beamssurfandskate #kools

tadayuki katoさん(@katoyasai)が投稿した写真 –

ちなみにBEAMS Surf& Skateバイヤーの加藤さんは
インスタでこう書いてくれています。

 

 


そして最後に是非見て頂きたいのが、、
このGonzの88年のハワイのコンテストの映像です。
先日川辺さんに教えてもらったんですが(当時川辺さんが衝撃を受けたそうです)
マジでめちゃめちゃ上手いしカッコイイ!!

 

 

今回はDear,と40周年を迎えたBeamsの協力のもとTシャツ2型とキャップ1型が限定でリリースです。取り扱い店舗はBeamsとHeshdawgzだけなのでこの機会にぜひ‼ってかこれ着るっしょ!!!

 

 
 

ANTI HERO TONY MIORANA OUR LIFE DECK

再入荷! PAGER MAGAZINE ISSUE #1

関連記事

  1. The Body Corporate Trailer

    Anti Heroのサイトでは新しいカタログがアップされたと同時に今年の春先にAnti He…

  2. Cons’ “The Dream Spe…

    ALEXIS SABLONE, LOUIE LOPEZ, BRIAN DELATORRE,R…

  3. Cody Lockwood’s “Ska…

    Cody Lockwood's "Skate for Life" Partのパートがアップ!…

  4. Welcome To The Team: Ben Raybour…

    Ben RaybournがOJ Wheelsに移籍!CMがアップされています!最初のドロップ…

  5. Charred Remains: Thrash and Burn…

    Thrasherの"Charred Remains"から「Thrash and Burn S…

  6. “Animal Impulse”

    「The Mountain Roadshow」というアパレルブランドなのかな?がドロップ…

  7. FASTEST HILL BOMB CONTEST SF

    先週末サンフランシスコで行われたダウンヒル・コンテストの模様がアップ!短いですけど面白い…

  8. Sage Elsesser One Star Pro CC

    LO-FIなプロモビデオのトレンドは2017年に入ってもまだまだ続きそうですがこのショー…

CALENDAR

2016年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

CATEGORY

PAGE TOP